消化器内科

消化器内科の領域

消化器内科の領域

消化器内科は、食道や胃、腸などを広く診る診療科です。慢性胃炎や胃潰瘍、逆流性食道炎といった比較的身近な病気からピロリ菌、大腸ポリープ、食道がん、胃がん、大腸がん、また肝臓がんや膵臓がんなどの悪性腫瘍、胆のう結石、クローン病、B型肝炎、C型肝炎まで、非常に広い領域を診療します。
日常生活で気になることがあれば、お気軽にご相談ください。各種検査は、身体への負担を少なくした技術にて行いますので、ご安心ください。

慢性胃炎・ピロリ菌

慢性胃炎・ピロリ菌

長期間に渡って胃炎が続いている状態をいいます。ヘリコバクター・ピロリ菌が関わっていると考えられており、この菌が胃の中に棲みつくことで徐々に炎症が広がっていくことで、上腹部の不快感や痛み、食欲不振などさまざまな症状が現れます。
バリウム検査や便検査でも診断は可能ですが、内視鏡検査ではより正確に炎症の程度を把握することができます。

胃潰瘍

胃潰瘍

胃の壁に一定上の深さの傷が生じている状態を胃潰瘍と呼びます。過度のストレス、ピロリ菌感染のほか、鎮痛剤の過剰使用によっても起こります。痛み以外に出血が見られることも多く、がんの症状と似ている部分も少なくないので、たかが胃潰瘍と侮ることのできない病気です。

潰瘍性大腸炎

潰瘍性大腸炎

大腸の粘膜に潰瘍やびらんなどの炎症が起こる病気です。比較的若年層に発生しやすい傾向がありますが、幼児や50歳以上でも発症します。原因には遺伝的要素、環境要因などが複雑に絡み合っていると考えられています。主な症状は下血で、大腸内視鏡検査では組織の一部を採取して病理診断することもあります。

消化管のがん(胃や腸の悪性腫瘍)

消化管のがん(胃や腸の悪性腫瘍)

食道、胃、十二指腸、小腸、大腸は1本につながった管で、これら部位に発生するがんを「消化管のがん」と総称しています。消化管は食物による刺激に常時さらされているため、慢性の炎症を起こしやすく、これが長期化するとがん化しやすいとされています。
消化管のがんに限らず、がんは早期発見が何よりも大切ですが、内視鏡を用いることによって、検査での早期発見~内視鏡による腫瘍の一括切除(適応の場合)が可能となっています。粘膜内にとどまっているがんの場合、基本的には転移のリスクがないため、内視鏡による切除で外科的開腹術に匹敵する治療効果が期待できます。
注意したいのは、消化管のがんの多くは、初期症状がなく、進行がんの状態で発見されることが大半であるという点です。いうまでもなく、発見するタイミングが早ければ根治の確率はそれだけ高くなります。当クリニックでは、専門的知識と経験を積み、数々の症例を診てきた医師が検査に当たりますので、お気軽にご来院ください。

膵炎

膵炎

比較的男性に多く発症する病気で、急性と慢性があります。急性は、何らかの要因で膵臓の酵素が活性化し組織にダメージを与えるのに対し、慢性は長期間小さい炎症を繰り返して徐々にダメージが蓄積され、起こります。検査診断は主に血液検査、CT検査などが用いられます。

胆のう結石症

胆のう結石症

胆のうや胆管に医師ができ、痛みなどの症状を起こす病気です。結石のできる場所によって分けられますが、「胆のう結石症」というのは胆のうに石ができるものをいいます。症状がでない場合もありますが、一般的にはみぞおちを中心に激しい痛みを感じるのが代表的で、吐き気や嘔吐などみられます。血液検査、CTによる画像診断が用いられます。

クローン病

クローン病

口腔内から腸まで消化管に炎症を起こす病気で、遺伝的要因、環境要因などさまざまな要素が絡み合って異常な免疫応答を引き起こして発症するとされています。また、食生活や喫煙との因果関係も指摘されていますので注意が必要です。腹痛や下痢を繰り返したり、急激な体重減少、全身の倦怠感、さらに痔瘻や肛門痛などが気になる方は、一度検査を受けておくとよいでしょう。検査は血液検査、内視鏡検査などが用いられます。

B型肝炎・C型肝炎

B型肝炎・C型肝炎

ともにウイルス性の肝炎で、肝硬変や肝がんに進行するリスクがある病気です。B型、C型ともに血液や体液の交換によって感染し、性行為による感染発生も一定程度確認されています。
検査は血液検査で抗原の有無を調べることが第一です。肝臓は「沈黙の臓器」ともいわれ、症状が現れにくいため、人間ドックなどで発見される機会が多いのが特徴です。
以前はウイルス性肝炎は完治しにくい病気でしたが、ここ最近の治療薬の進歩は目覚ましく、特にC型肝炎は約2か月の内服薬の治療で、大きな副作用もなくほぼ100%に近くウイルスが消失するといわれております。B型肝炎、C型肝炎ウイルス抗体が陽性と言われた方は、是非まずは詳しい検査をお受けください。

pagetop