下痢

下痢の症状について

下痢の症状について

下痢は、日々の生活の中でもみられやすい症状です。脱水に注意しながら安静にし、経過をみていれば治るという場合もありますが、下痢が続くという場合には、医療機関を受診することでその原因が分かるかもしれません。
下痢以外の症状が見られないという場合や、下痢と便秘を交互に繰り返しているという場合には、しばらく様子をみても良いことがあります。しかし、下痢だけでなく発熱や嘔吐、激しい腹痛のほか、血便や粘液が混じった便が出た場合や、同じ食事を摂った人に下痢や嘔吐などの症状がみられ、同じタイミングで自分も下痢が続いているという場合には、早めに受診しましょう。

下痢について解説

下痢は、「1日の糞便中の水分量が200ml以上(または、1日の糞便の重量が200g以上)と定義されています。腸の働きが正常な場合、食事などで摂取した食べ物は10時間ほどでS状結腸にたどりつき、ここで消化された食べ物から水分が吸収され、適度な固さの便がつくられるようになっています。しかし、何らかの原因により水分を吸収するはたらきが上手くいかなくなると、水分の多い便が出る「下痢」となってしまうのです。
下痢になる原因は下痢の種類によっていろいろなものがありますが、主に5つの種類に分類することができます。

【浸透圧性下痢】

水分を引き付ける力である浸透圧が高い食べ物を食べたことによって腸で水分がきちんと吸収されず、下痢便となるタイプです。人工甘味料の摂り過ぎ、糖分の消化不良、牛乳の摂りすぎなどにより、下痢をするのがこのタイプです。

【分泌性下痢】

腸管内での分泌液が増えることによって起こります。腸に入った細菌による毒素やホルモンの影響など、いろいろな原因が考えられます。感染性胃腸炎や生理中の下痢などがこれにあたります。

【ぜん動運動性下痢】

便が腸を通過する時間が短いことで起こる下痢です。過敏性腸症候群やバセドウ病などの甲状腺の病気の場合に起こりやすい下痢です。

【滲出性下痢】

腸に炎症が起こったことによって、血液成分や細胞内の液体などが滲み出たり、腸からの水分吸収が低下したりすることで引き起こされる下痢です。クローン病や潰瘍性大腸炎が関係することが考えられています。

その他にも、慢性膵炎や糖尿病の合併症、薬の副作用などで起こると考えられています。

下痢が関連する消化器疾患

関連する消化器疾患

下痢が関連する消化器疾患は、過敏性腸症候群や、ウイルス感染による腸炎などが考えられます。
大腸がんの症状にも下痢の症状はありますが、便秘と下痢を繰り返すことが多く、下痢だけが見られることは少ないという特徴があります。がんが進行すると、狭窄により腸の内部がせまくなって下痢が起こることが考えられており、下痢が長引く場合には、大腸がんである可能性もあります。ただし、下痢によって大腸がんが引き起こされるかどうかについては不明とされています。

下痢の検査・治療方法

image8

下痢を主訴として医療機関を受診した場合、検査として大腸カメラとレントゲンを行うことがあります。
これらの検査を行うことで腸の状態や、形状などを観察し、下痢を誘発するような病気になっていないかどうかのチェックを受けることができます。これらの検査をして、大腸に病気などの問題があった場合にはその病気に対する治療を行います。
特に病気が発見されなかった場合には、お薬を服用していただき、経過を観察します。
薬物療法では、腸のぜん動運動を抑える薬、腸への刺激を抑える薬、便の中の水分を吸い取って便を固める薬、ビフィズス菌等の整腸薬などを症状や下痢の原因となる疾患にあわせて使用します。
ただし、ウイルス感染などによって引き起こされている下痢の場合は、ウイルスを早期に体外へ排出できるように、下痢止めのお薬をあえて使用しないということもあります。これらの治療に加えて、下痢以外の嘔吐の症状で水分が取れていないという場合には脱水を予防する目的で点滴を行い、補液(体の中の水分を維持すること)を行うこともあります。

下痢がつらいときは

下痢がつらいときは

下痢が辛いという場合には、我慢せずに消化器内科を受診しましょう。
下痢が続くことによって体内の水分バランスが崩れ、脱水を引き起こす危険性があります。また、いつ下痢便を催すのか不安で電車に乗れない、外出できないということも起こり、日常生活へ支障をきたす可能性があります。
1週間以上下痢が続くという場合にはもちろん医療機関を受診して検査を受けていただきたいですが、下痢によって日常生活に支障をきたしているという場合にも医療機関に相談されるとよいでしょう。

当院で下痢の診察が可能です

当院で診察が可能です

新横浜国際クリニックでは消化器の専門クリニックとして下痢の診察に親身に対応しております。
下痢は深刻になったり、コントロールできないようになると社会生活に大きな支障をもたらす症状です。些細な症状やなかなか人に言い出せない下痢症状でも全く問題ございませんので、下痢の治療・診察を希望される方はいつでも当院へお越しください。
患者様のご希望にあわせて内視鏡検査まで対応視野に入れた診察を行います。
皆様のご来院おまちしております。