アニサキス

アニサキスとは

アニサキスとは寄生虫の一種です。アニサキスの幼虫によって引き起こされる食中毒を、「アニサキス症」とよびます。
アニサキスは本来、イルカやクジラなど海洋に生息する哺乳類の胃に寄生します。これらの生物のフンにアニサキスの卵が含まれており、海中で孵化し、幼虫となって海中にいます。それをオキアミなどが食べ、さらにサバやアジ、イカなどの魚介類が食べることで寄生します。これらの魚介類はイルカやクジラの餌になりますが、生のまま人の口から入ることで、人にも経口感染します。この時点では幼虫であり、人の体内で成虫になることはありません。
アニサキスの幼虫はサバ、アジ、サンマ、カツオ、イワシ、サケ、イカなどの魚介類に寄生しており、半透明白色で、体長2~3cmほどの大きさです。肉眼でも確認でき、白い糸が動いているように見えることが特徴です。

アニサキスの幼虫に感染してしまう理由は、日本の食文化とアニサキスの性質にあります。アニサキスは60℃で1分以上加熱あるいは-20℃で24時間以上冷凍処理をすると死滅するため、加熱処理をするか、一度冷凍された魚介類を使用している場合は、感染する心配はありません。
しかし、日本では魚を生で食べる文化があります。アニサキスの幼虫は主に魚介類の内臓に生息していますが、その魚介類が死滅すると、内臓から筋肉に移動をするという性質があります。つまり、死滅後に速やかにさばかれなかった生の魚介類を刺身として生で食べるときには、アニサキスの幼虫が内臓から筋肉に移動しているため、アニサキスの幼虫ごと食する事になってしまいます。すると、胃の中にアニサキスの幼虫が寄生してしまうのです。

アニサキスの幼虫が原因で起こりうる病気は主に4種類です。

  • 胃アニサキス症
    アニサキス症の中でも最も多いタイプで、劇症型胃アニサキス症といわれることもあります。一般的には、症状が出てはじめて、アニサキスの幼虫が体内に入ったことに気づきます。なかにはアニサキスの幼虫が胃の中に入っていても症状がなく、健康診断時の胃内視鏡検査で見つかるというケースもあります。
  • 腸アニサキス症
    アニサキスが胃にいた時点ではなにも起こらず、腸にアニサキスが到達した時点で症状が出てきます。腸閉塞や腸穿孔などを併発することもあります。
  • 消化管外アニサキス症
    アニサキスが消化管から脱出して、腹腔内から大網、腸間膜、腹壁皮下などに移行し肉芽腫を形成します。
  • アニサキスアレルギー
    アニサキスが体内に入ることによってアレルギー症状を引き起こします。

アニサキス症の症状は

アニサキス症の症状は

アニサキスの症状で最も多いのは、胃アニサキス症によるものです。生魚を食べた後、数時間後から十数時間後に、みぞおちの激しい痛み、悪心、嘔吐といった症状が現れます。また、食後十数時間後から数日後に激しい下腹部痛といった症状が見られた場合は、腸アニサキス症である可能性が考えられます。
アニサキスアレルギーの場合は生魚を食べた後に蕁麻疹が主症状として現れます。アレルギーが重度の場合は血圧降下や呼吸不全、意識消失などのアナフィラキシー症状が出てくることもあります。

アニサキスの予防方法

アニサキスへの感染を予防する一番の方法は、生の魚介類を食べないということです。しかし生魚を好んでいて、生魚を食べたいと思う方も当然いらっしゃいます。もしも生魚を食べたいという場合には、鮮度を徹底することが必要です。魚を購入する際は、新鮮な魚を選ぶことがポイントです。また、魚を丸ごと1匹で購入した場合には、速やかに内臓を取り除く処理をすることで、内臓から筋肉の部分にアニサキスが移動していくことを防ぎます。
アニサキスは肉眼でも確認することができますので、魚の身などにアニサキスの幼虫を見つけたら、取り除きましょう。生食をする際にワサビや醤油をつける、酢で魚を締める、塩漬けにするという方法を用いるかもしれませんが、調理で使うこれらの調味料でアニサキスを死滅させることはできません。
調理をする際には、加熱あるいは冷凍させることでアニサキスを死滅させることができます。加熱の場合は60℃で1分以上、冷凍の場合は-20℃で24時間以上の処理が必要です。これらの処理をすることで、アニサキスの幼虫が胃まで生きて届く心配がなく、魚を食べることができます。

アニサキス症の治療方法

アニサキス症の治療方法

アニサキス症の治療方法は、胃内視鏡でアニサキスの幼虫を見つけ、それを鉗子で摘出するのが一般的です。
アニサキスの幼虫が胃の中に留まっていれば良いのですが、腸アニサキスの場合は対処療法を行うしか方法がありません。腸閉塞や腸穿孔を併発し、この改善のために行った外科的治療によって摘出した腸管に、アニサキスの幼虫が見つかるケースがあります。
現在、アニサキスの幼虫に対する駆虫薬は開発されておらず、このような治療しか方法がありません。

当院では即日胃カメラ検査が可能です

生魚を食べた後に急激に胃の痛みがでてきたなど、アニサキス症が疑われる場合はすぐに内視鏡検査で摘出することが必要です。アニサキスの幼虫は胃液で死滅するため、生存は長くても4日程度とされていますが、重症化して腸閉塞や腸穿孔を引き起こす可能性があるため、早いタイミングで受診することが理想です。
当院は即日胃カメラ対応が可能ですので、アニサキス症と思われる症状が出た場合には当院へご相談ください。速やかに対応させていただきます。