血便

血便症状でお困りですか?

血便症状でお困りですか?

たとえば、便に血が混じっていた、排便をして便器の中を見たら赤くなっていたという場合は、血便が出ている可能性があります。また、血便には赤や赤黒い色などいくつかの種類があり、血が混じる便の性状も病状によって異なります。
もしも血便が出たという場合には、何かしらの病気が隠れている可能性があります。なるべく早めに医療機関を受診しましょう。
また、血便以外にも気になる症状がみられているのならば、すぐに医療機関を受診しましょう。

血便とは

血便とは

血便とは便に血が混じるものですが、その色によって原因が異なります。まず、血便として最も多くみられるのが痔による血便です。これは「内痔核」といういわゆるイボ痔や、裂肛といういわゆる切れ痔でよく見られます。イボ痔の場合、肛門の内側の直腸粘膜上に静脈がうっ血してイボのようなふくらみをつくり、それが排便時の刺激で出血することで、血便になります。裂肛の場合、固い便が通過することによって肛門の一部が切れて出血し、その血液によって血便となります。
痔以外に血便が見られる病気には、大腸ポリープ、大腸がん、大腸憩室症、虚血性大腸炎などがあります。また、大腸に病気がなかったとしても消化管は口から腸まで1つの管でつながっているため、胃潰瘍や食道炎などで起こった出血が、タール便として見られることがあります。
血便はおおむね、血便という症状のみで経過するものの、出血が多すぎるなど病状によっては、輸血を必要とすることもあります。血便を放置していると早めに見つけられれば改善できる病気を、悪化させる可能性があります。特に大腸がんは、潰瘍(粘膜のただれ)ができたり、大腸粘膜そのものが脆くなって出血したりすることから、早期のがんでも出血を起こす可能性があります。つまり早期に発見できれば、早期から治療を始めていくことができるがんでもあります。
しかし、血便が見られているにも関わらず軽視し、ご自身での経過観察を続けてしまうと、病状は悪化し、治せるタイミングであったがんも治療が難しくなってしまうこともあります。

血便の種類

血便は色によって種類があります。

【真っ赤であった場合】

肛門付近が傷ついているという場合がほとんどであり、痔による出血のことが多いです。しかし痔以外でも、直腸やS状結腸にできた大腸がん、あるいは大腸ポリープなどの場合、やはり肛門近くに病変があることになりますので、真っ赤な血便が出ることがあります。がんやポリープに便がこすれることで、真っ赤な血液が便に混じってみられるためです。また、虚血性大腸炎やウイルスなどの感染による感染性胃腸炎の場合にも、真っ赤な血液が見られることがあります。

【赤黒い血便の場合】

横行結腸から盲腸のあたりに病変が生じていることが考えられます。
下痢便や固形便に血液が混じるような場合は、前述のような大腸がんや大腸ポリープのほか、虚血性大腸炎やウイルスなどへの感染などによる出血、大腸憩室症による出血が考えられます。

【タール便(タールのように真っ黒でドロドロした便)の場合】

胃や十二指腸など上部消化管からの出血が考えられます。血液が胃酸と混ざることで、真っ黒になるためです。

また、どのような便に血液が混じっているかによっても病状が異なります。例えば、痔やポリープなどの場合には普通便や硬めの便に血が混じるのですが、感染症による血便の場合には下痢便に血液が混じることが多くなります。
血便が便に見られた場合には、どのような性状の便に血液が混じっていたか、血便以外にもどのような症状があるのかなどをチェックしてから医療機関を受診されるとよいでしょう。

血便の治療・検査

大腸カメラ検査

血便が見られた場合には、まず消化器内科を受診しましょう。特に大腸がんなど早期発見早期治療により命の危険性を回避できる病気もありますので、早めに医療機関を受診して血便の治療を始めましょう。

血便で医療機関を受診した場合には、血便の原因や出血部位を調べるために、大腸内視鏡検査を行います。この検査は、大腸から大腸内視鏡を挿入し、大腸の一番奥である盲腸までを内視鏡で観察する検査です。必要に応じてそのままポリープを切除したり、がんと思わしき病変の一部を採取して病理検査をしたりできるなど、病気の特定や治療にも有用な検査であると言えます。
近年は大腸内視鏡検査で鎮静剤を使用することができる施設も増えていますので、不安な方は医師と相談してください。
また、大腸内視鏡検査を行う前には、便を体外に排出して腸内をきれいにしておく処置(前処置)が必要です。前日から腸管洗浄液を服用していただき、便をすっかり排泄して、腸内をきれいにする処置が行われます。
真っ赤な血液が見られた場合はすぐに血便だと気付くのですが、赤黒い便などで血便かどうかの判断が難しいという場合もあります。また血液量がごく少量なら、血便とは分からないかもしれません。その際には、便潜血検査を行います。これは自宅で採取した2日分の便で検査を行い、血便の有無を判断することができる検査です。健康診断などで一般的に行われています。
血便の原因が明らかになったら、診断が確定した病気に準じた治療を行っていくことになります。

当院で血便の診察・治療が可能です

当院で診察が可能です

新横浜国際クリニックでは消化器内科を標榜しており、血便の診察・治療に対応しています。必要に応じて当院で大腸カメラ検査まで対応が可能ですので、是非消化器内科専門クリニックである当院にご来院ください。
緊急度に応じて早めの診察、早めの検査誘導を行いますので、まずは一度ご遠慮なくご相談ください。
些細なことやちょっとした不安から来院される方もいらっしゃいますのでご安心ください。