胃もたれ

胃もたれとは

胃もたれとは

胃もたれとは、食べ物の消化が遅いことで起こる不快感の総称です。日常生活の中で比較的多くの人に起こりやすい症状の一つで、「何となく胃が重く、苦しい」「胃の中にいつまでも食べ物が残っている感じがする」と表現する人が多く、なかには吐き気も胃もたれと感じる場合があります。
不快な症状が長時間続くことが特徴で、「食べ過ぎたから胃薬を飲めばそのうち治るだろう」と軽く考えがちですが、胃がんを始めとする重い消化器疾患が胃もたれの原因になっている可能性がありますので、早期治療が大切です。

胃もたれの症状

十人十色などといいますが、「食べ過ぎたわけでもないのに胃が重く感じる」「夜中に胃がムカムカして目が覚める」「何となく胃が膨らんでいる気がする」など、胃もたれの症状の感じ方は人それぞれです。
また、胃もたれと類似する消化器官の不快感として「胸やけ」があり、間違えやすいかもしれません。違いとして、胃もたれは胃の不快感が比較的長時間続くのに対し、胸やけはみぞおち付近から喉にかけて、じりじりとした不快感があります。その理由は、胸やけの場合、胃液および胃の内容物が逆流し、食道が炎症を起こすことで症状が現れるからです。

胃もたれの原因

胃もたれの原因

人間が日常生活を送る上で、胃はとても大切な役割を担っています。主な胃の働きとして、次のようなものが挙げられます。

  • 胃癌
  • 食道癌
  • 逆流性食道炎
  • 機能性ディスペプシア
  • 萎縮性胃炎
  • 慢性胃炎
  • ピロリ感染
  • 胃潰瘍・十二指腸潰瘍

これらの胃の働きのうち、いずれかが低下することで胃もたれが起こります。
上記のものが内的要因とすると、外的要因として胃もたれの代表的な一つは、食べ過ぎです。また、早食いや脂っこい食事が中心の食生活も胃もたれを起こしがちです。その他、ガムを多く噛んだり、炭酸飲料を飲み過ぎたりすることも胃の中に多くの空気を取り入れてしまいますので、胃もたれの原因となります。
さらに、胃もたれの原因となるのは食事だけではありません。睡眠不足や精神的に不安定な生活が続くことによるストレスも、胃もたれを引き起こす可能性があります。健康志向の中、食事に関しては気を付けている人も多いと思いますが、生活環境や生活サイクルのリズムにも十分気を付けていただければと思います。

胃もたれを引き起こす原因は、消化器疾患だけとは限りません。たとえば機能性胃腸症、別名「機能性ディスペプシア」と呼ばれる病気は消化器疾患ではありませんが、胃もたれにつながる病気の一つです。最近の研究によれば、機能性胃腸症(機能性ディスペプシア)は、ピロリ菌感染による胃炎、肉体的・精神的ストレスの影響など、複数の要因が重なることで発症することが判明しています。

胃もたれの検査

胃もたれの検査

食べ過ぎや飲み過ぎによる胃もたれは比較的多くの人が経験していることから、胃もたれは大した病気ではないとお考えの人も少なくありません。しかし、胃に不快感を自覚したとき、胃もたれだと自己判断することはとても危険です。
「胃薬を飲んだのになかなかよくならない」など症状が続く場合は、単なる胃もたれではなく、それ以外の内臓の病気が考えられるため、精密な検査の必要性が高まります。
胃カメラや腹部エコーなど、いくつかの検査方法があり、胃がんや胃潰瘍以外に膵臓や肝臓などほかの臓器に異常はないかどうかも調べることができます。また、胃炎などピロリ菌感染の疑いがある場合は、さらに検査が必要となることもあります。

胃もたれの治療法

胃もたれの治療法

胃カメラで特に異常が見つからなければ、胃もたれの症状があったとしても必ず服薬治療を行うというわけではありません。まずは食生活をはじめ、生活習慣の改善に努めることが胃もたれを繰り返さないために大切です。具体的には次のようなことです。

  • 食事をするときは早食いを避け、よく噛んで食べる
  • 腹八分を守り、食べ過ぎることなく脂っこい食事を控える
  • 胃に刺激のある食べ物を減らし、野菜をたくさん摂取してバランスの取れた食事を心がける
    これら以外にも肉体的・精神的ストレスを増やさないために、
  • 年齢に適した運動を行う
  • 必要な睡眠時間をきちんと確保する、といったことも大切です。

その他、機能性胃腸症と診断された場合は、生活習慣の見直しだけでなく、胃の運動機能などを促進させる薬物治療が必要となります。
胃カメラの結果、何らかの病気が見つかった場合は、早期治療に努めましょう。急性胃炎や胃潰瘍に対しては胃酸分泌を抑制する薬、ピロリ菌感染が認められた場合は除菌療法を併せて行います。
不快感が長く続く胃もたれになるのはとてもつらいことですが、罹患した際は胃のメンテナンスのタイミングだとポジティブにとらえ、早期発見・早期治療に努めましょう。

参考資料