一般内科

「調子が悪いけど、何科に行ったらいいかわからない」
そんな時は、さまざまな内科的な疾患を幅広く診療している当クリニックにご相談ください。

内科診療の対象はどんな症状?

当クリニックは、総合内科として幅広い疾患を診療しています。たとえば、以下のような症状・病気は当クリニックで対応可能です。
生活習慣病
  • 動脈硬化
  • 高血圧
  • 糖尿病
  • 脂質異常症(高コレステロール血症)
  • 高尿酸血症
  • 痛風
アレルギー疾患
  • 花粉症
  • 鼻炎
消化器の症状
  • 胸焼け
  • 吐き気
  • 腹痛・胃痛
その他
  • 女性更年期障害・男性更年期障害
  • 慢性的な疲労感
  • 一般的な風邪症状(鼻水・咳など)
  • 性感染症
  • 肥満
皆さまのかかりつけ医として、全身の不調を総合的に診療いたします。ただし、より専門的な治療が必要と判断した場合には、専門医をご紹介する場合もありますので、ご了承ください。

当クリニックは、特に消化器内科領域の診療に力をいれております。胸やけや吐き気、腹痛などが長引いている場合には、大きな疾患の見落としがないよう、検査をおすすめします。

生活習慣病について

内科ではさまざまな疾患・症状に対応することができますが、中でも生活習慣病のコントロールは重要です。
日本人の三大死因「がん・脳血管疾患・心疾患」は、生活習慣病が引き金になることが知られています。また、生活習慣病をいくつか重複して発症し、かつ肥満がある状態は、メタボリックシンドロームと呼ばれます。
生活習慣病を予防・治療することで、健康に過ごせる時間を長く保つことが可能です。

生活習慣病とはどんな病気?
生活習慣病は、血管の健康にかかわる病気が多いです。
動脈硬化は、血管が硬くなった状態のことです。血管の内側にプラークと呼ばれるカサブタのようなものが付着して、血管が狭くなり、血流が悪くなることも。加齢によって少しずつ動脈硬化は進みますが、そのほかにも高コレステロール血症や高血圧も動脈硬化が悪化する原因です。
高血圧は、血圧が高い状態のことで、年齢や持病との兼ね合いでどこまで血圧を下げるかの目標が変わります。「血圧が高いだけで、症状がないから」と多くの方が放置してしまいがちです。血圧が高いと血管が傷つきやすくなり、動脈硬化がすすむほか、脳卒中などの大きな病気につながることがあります。
高尿酸血症は、血液中に尿酸が多い状態です。高血圧、糖尿病、肥満など他の病気と合併している方は、早めに治療を開始しましょう。高尿酸血症は、痛風発作の原因になります。
このように、生活習慣病は、それぞれが悪化に関与しあっている病気です。健診などで1つでも指摘されたら、治療の開始をおすすめします。
生活習慣病の方に対する内科診療

生活習慣病の改善のためには、薬物治療だけでなく、生活習慣の見直しも大切です。
生活習慣病自体は、痛みなどの自覚症状が伴うことが少ないため「治療しなくてもよいのではないか」と感じる方もいます。薬物治療は、生活習慣病をきっかけとした将来の大きな病気を予防するためにおこなうものです。健康診断などで異常値を指摘された場合には、できるだけ早いうちに治療を開始しましょう。
生活習慣病には、朝起きてから寝るまで、さまざまな生活の要因が関与します。食事、睡眠、運動、飲酒や喫煙が代表的です。当クリニックでも、今の生活習慣をどのように変えたらよいか、必要に応じてお伝えしています。

内科診療の流れ

クリニックにお越しいただいた際には、次のような流れで診察をおこないます。
  • 問診

    問診票を記入いただきます。大まかに、いつからどのような症状が起きたかなどを把握します。事前にweb予約、web問診をおこなっていただけるとスムーズです。

  • 診察

    問診票を参考に、必要な情報をさらにお伺いし、視診・触診などをおこないながら、症状の原因になる病気をいくつかピックアップします。

  • 検査

    必要に応じて、原因を特定するための検査をおこないます。また、簡単な処置であれば当日のうちにおこない、内視鏡検査(胃カメラ、大腸カメラ)などの準備が必要な検査であれば予約をとっていただきます。

  • お会計

    必要な検査、処置などがすべて終了したら、お会計となります。現金のほか、クレジットカードでのお支払いにも対応しています。

参考